退職から転職までの流れ

もともとストレスの多い会社に勤めてました。小さい会社で、社長様との折り合いが合わず、言葉でのパワハラでストレスを貯めて度々体に精神的な支障をきたしていました。そんな折、社長様から「給料を下げるから」と一方的な発言がありました。「それは困ります、生活が成り立ちません」と申し上げましたが、聞き入れてもらえず、この時に退職の意思を固めました。

家族や話の分かる同僚にも意思を打ち明け引き留められましたが、自分の体調の方が微々たる給料より断然大切だったので、3日後に退職の意思を口頭で社長様に伝えました。辞めると言って良かったと思った社長様の一言は今でも忘れません。「いつまで居るの?」でした。私の仕事は細かい雑用からお役所への手続きまで多岐にわたっていましたので、引継ぎだけでも一カ月半かかりました。

転職先ですが、新聞広告で見つけた会社にうまく転職できました。そこを見つけたタイミングは、退職の意思を決めた翌日でした。なぜそこに決めたのかと言うと、「入社日相談可」となっていたので、即刻面接の申込みをしました。そこは保険の会社だったので、審査にはかなり時間を必要で面接3回、適性検査2種目ありました。それを退社する会社の引き継ぎの合間合間に受けに行ってました。面接と適性検査が合格だったので、入社前の研修に入るのを退社まで待っていただきました。転職先がこんなにスムーズに決まるとは運が良かったのだと思います。

退社する会社の引継ぎですが、引継ぎの量があまりりも多すぎて、残してゆく2人の同僚に教えるのですが、一人は必死にメモを取りやって行かなければならないのを自覚されておられましたが、もう一人は「それ、私がしなくちゃならないの?」「今しないとダメなの?」などと言ってまるでやる気なしでした。彼女の存在も私にはストレスだったのは言うまでもありません。仕方がないので、日々の業務や月々の業務、年一回の業務をそれぞれパソコンで全てまとめあげ残して行くことにしました。「分からなかったらここを見てね」と説明しても二人それぞれの反応で、ため息が出ました。

退職日がやっと決まって、いざ、有給消化を取ろうと「給料明細に書いてないだけ」と説明されていた有給の数を確認したら、驚くことに自分で考えてた有給数の半分以下しか残っていないと社長様に言われました。普通有給は古い年度の物から消化して余ったら次の年度にプラス、有効期限は2年と思っていたのですが、あの会社は新しい年度の有給を先に消化して古い年度分は期限の失効をさせていたんです。話をするのもばからしく、やっぱり見切りをつけて正解の会社だったんだと思いました。晴れて退社、誰も社長様の機嫌を損ねたくないのか、誰一人見送りもいませんでした。 退社2日後、社長様から電話がありました。「○○の業務が出来ないから手伝いに来て」とのこと。嫌味を言い続け、給料まで下げて私を怒らせてまんまと会社から追い出したのによく電話をかけてこれるものだわ!と思いながらも、最後のお給料をもらってないので、渋々お手伝いに行きました。それはパソコンを使ってのお役所仕事関係の内容で、「その場でないと説明できないから今年から、パソコンで申請できないのなら、この仕事はあきらめてください」と引継ぎの時にメモを取る女性に言ったのに社長様は、どうしてもその仕事が欲しかったのでしょう。

それ以降も、ハローワークへの提出書類も用意してくれてなかったので、催促に行ったり、市役所への申請書類も用意してくれてなかったのでこちらも催促に行くなど、2週間ほど退社した会社に出たり入ったりしてました。 その間は、新しい会社の研修も受けていたので、ハローワークは関係なかったのですが、少し意地悪をしてしまいました。 最後に一言、転職は勢いとタイミングです。